インテリア?建築?プロダクト?

本日の生徒さんは電気系のプロダクト関連の会社で働いていらっしゃる方でした。何気なく「建築/インテリア系じゃないんですね。」とお話ししたところ、「ベクターワークスはプロダクトに向かないのですか?」との質問を受けました。

結論から申し上げれば、

インテリアや建築専用というわけではなく、2Dの図面であればまったく問題なく使えます!

図面を描く基本機能に関して言えば間違いなくトップクラスのソフトだと思いますので、分野に関係なく美しい図面が速く描けます。

しかし、壁ツールに代表されるような建築/インテリア向けのツールや機能が豊富に揃っていたり、規模の大きな建築図面では欠かせないシートレイヤー機能があったりするので、建築/インテリア寄りのソフトであることは間違いありません。

また、曲面を多用した複雑な3Dを描くいたり、超リアルなCGを描くのははあまり得意ではありません。(できないわけではないと思いますが。。。)実務では3DデータやCGパースなどは他のソフトを使っておられる方も多いのが現状です。