「ベクター使えます」と言える基準は?

「今度面接を受ける会社の必要スキルに『ベクターワークス』があります。どこまで出来るようになったら『ベクター使えます』と言えるのですか?」

最も多い質問の一つです。今日行った無料説明会でも出た質問だったので記事にしてみようと思います。
“「ベクター使えます」と言える基準は?”の続きを読む

家具のレイアウトに必要な知識

本日は4月からインテリアデザインオフィスに勤務予定の生徒さんがいらっしゃいました。
すでにある図面に家具をレイアウトすることが多いので必要な知識を身に着けたいとのことでした。

2Dシンボルを配置するだけ。。。?とも思えますが、
・シンボル自体を作ることもあるだろう
・シートレイヤを使った図面が送られてくることもあるだろう
と考えていくと、結局最初から図面を描くのと変わらない基礎知識が必要そうです。
“家具のレイアウトに必要な知識”の続きを読む

手書き図面とCAD図面

本日の生徒さんは建築学科の学生でした。
なんと、学校の方針で卒業までずっと手描きだそうです!
しかし、当然就職活動ではCADが使えた方が有利なのでご連絡頂けたというわけです。

「手描きができないやつはCADもできない」的な考え方はよく耳にします。
私が専門学校でインテリアを学んだ時も最初は手書きでした。

はたしてどうでしょうか。私個人的には「どっちでもいい」と思います。
結局大筋の描き方は手書きもCADも同じです。
描き方さえ覚えれば同じ図面が描けるわけですから。
“手書き図面とCAD図面”の続きを読む

最初に覚えるべきショートカット

ショートカットとは、ツールバーなどをクリックして操作を選ぶのではなく、特定の組み合わせでキーボード(+マウス)を打つことによって直接操作を選ぶことです。これによって飛躍的に作業スピードが上がります。

ベクターワークスには数多くのショートカットキーがあり、さらに自分でカスタムすることもできます。初心者の方は「普通の操作もおぼつかないのにショートカットなんてとても。。。」と思われるかもしれませんが、以下に挙げるものだけでも最初に覚えてほしいと思っています。
“最初に覚えるべきショートカット”の続きを読む

インテリア?建築?プロダクト?

本日の生徒さんは電気系のプロダクト関連の会社で働いていらっしゃる方でした。何気なく「建築/インテリア系じゃないんですね。」とお話ししたところ、「ベクターワークスはプロダクトに向かないのですか?」との質問を受けました。

結論から申し上げれば、
“インテリア?建築?プロダクト?”の続きを読む

バージョン間でのデータのやりとり

今日はベクターワークスのバージョンについてのお話です。

現在の最新バージョンは2016です。
バージョンが変わる度にツールの場所がちょっと変わったりしてイライラしますよね(笑)。

そもそも業務用のソフトで値段も高く、バージョンアップするにしてもそこそこの金額がかかります。
そのためかなり古いバージョンを使い続けている方も多いと思います。

そこで実務での注意点です。
以下はv2016の機能比較表。
http://www.aanda.co.jp/Vectorworks2016/list.html
ファイル互換(取り込み・インポート)と、ファイル互換(取り出し・エクスポート)の欄を見てください。
MCDとVWXがベクターワークスのデータです。

最新版v2016では、
v2011以前のバージョンのデータはインポートはできるがエクスポートはできません!!

クライアントとのデータのやり取りなどで影響が大です。
他のデータに変換してやりとりすることでなんとかすることはできますが、
完璧にとはいきません。ご注意を。。。

 

自己流の限界?

本日の生徒さんは数年間自己流でベクターを使っていた方でした。基本的な図形の描き方は分かるが一度しっかり習ってみたかったとのこと。

実際の業務で使用した図面やスケッチを見ながら、やりたいことにマッチするツールや機能を紹介するようなレッスンを行いました。配列複製やベジェ曲線のコツなど、「これで作業がだいぶ早くなりますよ!」ととても喜んで頂けました。

同じ図面を描くのにも複数の方法があるので基本的に自己流で大丈夫と個人的には思っています。しかし、初心者の方がなんとか自己流でできてしまうと、より早い/より便利な方法を探求していくのはなかなか難しいと思います。業務で使用していて時間が無いと特にそうですね。

そんな時こそ少しの時間を割いてレッスンを受けていただければ、その何倍もの時間を節約できることになりますよ!

最近多いご要望

「次の職場で使うので、短期間で一通り使えるようになりたい」

というご要望が最近増えています。 なかなか難しいことなのですが、出来る限りご要望にお応えします!! このような場合は

1) レイヤとクラスの解説

2) 一通りの作図機能の紹介

3) よく使う機能の反復練習

4) ビューポートとシートレイヤの解説

の順番でレッスンいたします。

1) レイヤとクラスの解説 その職場の流儀を早く理解するためにも大切ですし、 しっかり理解しておかないと図面の枚数が多くなった時や複雑になった時に大変なことになります。

2) 一通りの作図機能の紹介 短期間で全て覚えるのはハッキリ言って不可能です。 でも 「あんな機能あった気がするな」  くらいに覚えておくことが大切です。 「あんな機能」をあとから本やネットで調べることが出来るからです。

3) よく使う機能の反復練習 職場ですぐに最低限の作業を始められるように、最大限時間をかけます。

4) ビューポートとシートレイヤの解説 ベクターワークスで一番便利で一番とっつきにくい機能だと思います。 規模が大きな物件を扱う職場では必須の場合も多いでしょう。 どうしても慣れが必要なので短期間では完璧にとはいきませんが、 ある程度使えれば 「こいつデキるな」 と思ってもらえるかもしれませんよ(笑)

レッスンを終えたみなさん、新しい職場でのご活躍をお祈りしております!