家具のレイアウトに必要な知識

本日は4月からインテリアデザインオフィスに勤務予定の生徒さんがいらっしゃいました。
すでにある図面に家具をレイアウトすることが多いので必要な知識を身に着けたいとのことでした。

2Dシンボルを配置するだけ。。。?とも思えますが、
・シンボル自体を作ることもあるだろう
・シートレイヤを使った図面が送られてくることもあるだろう
と考えていくと、結局最初から図面を描くのと変わらない基礎知識が必要そうです。

そんな説明をしていくと「大丈夫かな?」と心配されていましたが(特にシートレイヤですね。)
順を追ってレッスンしていけば大丈夫です!
実際のデータも持ち込んで頂けるようなので入社後すぐ実践できそうです。

アーストでは個人レッスンの特徴を生かして
・お客様のご要望に合わせたカスタムレッスン、
・データを持ち込んでのレッスン
をご提案します。是非お問い合わせください。

手書き図面とCAD図面

本日の生徒さんは建築学科の学生でした。
なんと、学校の方針で卒業までずっと手描きだそうです!
しかし、当然就職活動ではCADが使えた方が有利なのでご連絡頂けたというわけです。

「手描きができないやつはCADもできない」的な考え方はよく耳にします。
私が専門学校でインテリアを学んだ時も最初は手書きでした。

はたしてどうでしょうか。私個人的には「どっちでもいい」と思います。
結局大筋の描き方は手書きもCADも同じです。
描き方さえ覚えれば同じ図面が描けるわけですから。

私が思うCAD(ベクターワークス)における製図の問題点は、
「線の太さの描き分け」
だと思います。

初心者の方や学生さんの図面を見ると、線の太さがすべて一緒で非常に見にくくなっている場合が多いです。
外形線や手前の線は太く、寸法線や奥の線は細く、最低でも3種類くらいの太さを使い分けるほうが見やすくなります。

手描きの場合、描きながら線の太さを確認できるのですが、ベクターワークスの場合は微妙な太さの違いは画面上では分かりません。
・印刷をして、好みの線の太さを決めておく
・その太さ毎に画面上の「色」を変えて分かりやすくしておく
という工夫が必要です。

 

同じ図形を早く描く

本日の生徒さんからの質問です。下のような図形はどうやって描いたらいいのでしょう?ちなみにPCのファンの部分ですね。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31026

答えは
「方法はたくさんあります」
となります。でも

早く描く方法はだいぶ限られてきます!

初心者の方が陥りがちなのが、一度覚えた方法(ツール)だけで描き上げようとして時間がかかってしまうことです。慣れてくると、描きだす前に「どの方法で描いたら早いかな」ということを常に考えるようになります。時間を見つけて色々なツールを弄ってみるのが大切だと思います。

繰り返しになりますが、同じ図形でも描き方は複数あります。今回のレッスンでも色々な方法やツールをご紹介しながら簡単で早い描き方をご提案しました。

「切欠き」と「前後関係」

「切欠き」と「貼り合わせ」はかなりよく使う機能です。本日のレッスンでも繰り返し使いましたので気をつけたい点やコツを書き留めておこうと思います。


①前後関係の概念

特に切欠きの場合に重要になってきます。切欠きは「後面にある図形を前面にある図形で削り取る」という機能です。また、同じレイヤに描いた場合、後から描いた物が前面に重なっていきます。

・後から描いた図形で先に描いた図形を切欠く→そのままでOK
・先に描いた図形で後から描いた図形を切欠く→NG(逆の結果になってしまう)

上記の場合は
先に描いた図形の「線上」で右クリック→前後関係→最前へ
の順で前後関係を入れ替えてから切欠きを行えばOKです。

前後関係と切欠きは図形の面に色をつけて練習すると分かりやすいと思います。

kirikaki


②コツその1 右クリックから

「切欠き」と「貼り合わせ」を行う時には
複数図形を選択→加工→切欠き と選択していってもいいですが、
「複数図形を選択した状態」で図形の「線上」で右クリックしても出てきます。こちらの方が若干早いです。


②コツその2 不要な図形の削除

「切欠き」を行ったあと、切欠いた方の図形は不要なことが多いと思います。初心者の方だと、切欠きが終わった後
2Dセレクションポインタにもどる→不要な図形を選択→deleteで削除
としてしまいがちですが、
切欠きが終わった直後にそのままdeleteで削除できます。癖にしましょう。

 

最初に覚えるべきショートカット

ctrl-c-hi

ショートカットとは、ツールバーなどをクリックして操作を選ぶのではなく、特定の組み合わせでキーボード(+マウス)を打つことによって直接操作を選ぶことです。これによって飛躍的に作業スピードが上がります。

ベクターワークスには数多くのショートカットキーがあり、さらに自分でカスタムすることもできます。初心者の方は「普通の操作もおぼつかないのにショートカットなんてとても。。。」と思われるかもしれませんが、以下に挙げるものだけでも最初に覚えてほしいと思っています。

 

X
「2Dセレクションポインタ」何か図形を描いたらすぐにXを押す癖をつけましょう。

space+マウスドラッグ
「パンツール」画面をスクロール(?)させます。

マウスホイールを回す
ズームイン/ズームアウトします。上のパンカーソルと合わせて素早く目的の部分を表示できるようになります。

Ctrl(⌘)+M
選択した物を移動します。(数値入力)

 

回転やミラー反転は?との声もあるでしょうが、最初はこのくらいで。PCの操作自体初心者だという方は以下も是非覚えてください。他のソフトでも共通して使えることが多いです。

 

Ctrl(⌘)+C
選択した物をコピーします。下のペーストと合わせていわゆる「コピペ」です。

Ctrl(⌘)+X
選択した物を切り取ります。その後ペーストすると移動したことになります。

Ctrl(⌘)+V
コピー、または切り取りしたものを貼り付けます。

Ctrl(⌘)+Z
一つ操作を戻ります。間違えた時に元に戻す時便利です。

Ctrl(⌘)+S
作業中のファイルを上書き保存します。

 

 

インテリア?建築?プロダクト?

本日の生徒さんは電気系のプロダクト関連の会社で働いていらっしゃる方でした。何気なく「建築/インテリア系じゃないんですね。」とお話ししたところ、「ベクターワークスはプロダクトに向かないのですか?」との質問を受けました。

結論から申し上げれば、

インテリアや建築専用というわけではなく、2Dの図面であればまったく問題なく使えます!

図面を描く基本機能に関して言えば間違いなくトップクラスのソフトだと思いますので、分野に関係なく美しい図面が速く描けます。

しかし、壁ツールに代表されるような建築/インテリア向けのツールや機能が豊富に揃っていたり、規模の大きな建築図面では欠かせないシートレイヤー機能があったりするので、建築/インテリア寄りのソフトであることは間違いありません。

また、曲面を多用した複雑な3Dを描くいたり、超リアルなCGを描くのははあまり得意ではありません。(できないわけではないと思いますが。。。)実務では3DデータやCGパースなどは他のソフトを使っておられる方も多いのが現状です。

バージョン間でのデータのやりとり

今日はベクターワークスのバージョンについてのお話です。

現在の最新バージョンは2016です。
バージョンが変わる度にツールの場所がちょっと変わったりしてイライラしますよね(笑)。

そもそも業務用のソフトで値段も高く、バージョンアップするにしてもそこそこの金額がかかります。
そのためかなり古いバージョンを使い続けている方も多いと思います。

そこで実務での注意点です。
以下はv2016の機能比較表。
http://www.aanda.co.jp/Vectorworks2016/list.html
ファイル互換(取り込み・インポート)と、ファイル互換(取り出し・エクスポート)の欄を見てください。
MCDとVWXがベクターワークスのデータです。

最新版v2016では、
v2011以前のバージョンのデータはインポートはできるがエクスポートはできません!!

クライアントとのデータのやり取りなどで影響が大です。
他のデータに変換してやりとりすることでなんとかすることはできますが、
完璧にとはいきません。ご注意を。。。

 

自己流の限界?

本日の生徒さんは数年間自己流でベクターを使っていた方でした。基本的な図形の描き方は分かるが一度しっかり習ってみたかったとのこと。

実際の業務で使用した図面やスケッチを見ながら、やりたいことにマッチするツールや機能を紹介するようなレッスンを行いました。配列複製やベジェ曲線のコツなど、「これで作業がだいぶ早くなりますよ!」ととても喜んで頂けました。

同じ図面を描くのにも複数の方法があるので基本的に自己流で大丈夫と個人的には思っています。しかし、初心者の方がなんとか自己流でできてしまうと、より早い/より便利な方法を探求していくのはなかなか難しいと思います。業務で使用していて時間が無いと特にそうですね。

そんな時こそ少しの時間を割いてレッスンを受けていただければ、その何倍もの時間を節約できることになりますよ!

最近多いご要望

「次の職場で使うので、短期間で一通り使えるようになりたい」

というご要望が最近増えています。 なかなか難しいことなのですが、出来る限りご要望にお応えします!! このような場合は

1) レイヤとクラスの解説

2) 一通りの作図機能の紹介

3) よく使う機能の反復練習

4) ビューポートとシートレイヤの解説

の順番でレッスンいたします。

1) レイヤとクラスの解説 その職場の流儀を早く理解するためにも大切ですし、 しっかり理解しておかないと図面の枚数が多くなった時や複雑になった時に大変なことになります。

2) 一通りの作図機能の紹介 短期間で全て覚えるのはハッキリ言って不可能です。 でも 「あんな機能あった気がするな」  くらいに覚えておくことが大切です。 「あんな機能」をあとから本やネットで調べることが出来るからです。

3) よく使う機能の反復練習 職場ですぐに最低限の作業を始められるように、最大限時間をかけます。

4) ビューポートとシートレイヤの解説 ベクターワークスで一番便利で一番とっつきにくい機能だと思います。 規模が大きな物件を扱う職場では必須の場合も多いでしょう。 どうしても慣れが必要なので短期間では完璧にとはいきませんが、 ある程度使えれば 「こいつデキるな」 と思ってもらえるかもしれませんよ(笑)

レッスンを終えたみなさん、新しい職場でのご活躍をお祈りしております!

図面の持ち込み

当スクールではテキストに沿ったレッスンもしていますが、インテリア/建築事務所ですでに働いている生徒さんには実際に実務で使用した図面を持参して頂き、それを再現するレッスンが多いです。

やはり実務に近い感覚になるので現実味が違います!また、テキストに沿って順番に機能を学んでいくより、よく使う機能ほど繰り返し練習することになり、より実践的な力がつきます。

やはり覚えるには実務が一番!。。。なのですが、勤務中ゆっくりやっている時間もないし、教えてくれそうな先輩はいつも忙しそう。そんな時は是非当スクールをご利用ください!